男性不妊の救世主!亜鉛サプリで妊活

男性不妊について

近年、不妊カップルが急増しています。これは晩婚化とも関係があるようですが、年々初婚年齢が上がって来ているのですから、無理もありません。
やはり、男女ともに妊娠しやすい年齢というものがあるようで、それは20代前半から半ばまでだそうです。
この頃は、体力も結構あるので、妊娠や出産、その後の子育てを考えると確かに適しているような気もします。
不妊というと、年配の人で間違った考えを持つ人はすべて女性側に原因があると思いこんでいるという人もまだいるようです。
しかし、最近では女性だけでなく、男性単独で原因があるという場合や男女共に原因があるというパターンも増えて来ています。
ですから、夫婦(カップル)の片方だけが不妊解消のために頑張っても意味が無いと言いますか、解決にならないということになるようです。

 

男性のみに原因がある不妊、男女共に原因がある不妊、そのどちらの場合もしっかり妊活して行きましょう。
男性不妊には、亜鉛のサプリメントを使用することが効果的と言われています。もちろん、女性の妊活にもおススメです。
最近では、亜鉛のサプリメントを妊活中の夫婦で使用している場合も多いとか。
妊活以外でも健康面で効果があるので飲んでて損はありません。

 

牡蠣と亜鉛で健康!その理由はこちら

勃起不全

男性不妊と言っても、その状況はさまざまなんです。
病院に行き、検査をしてから「精子の数が少ない」とか、「精子に元気がない」というようなことを言われる人ばかりではありません。
男性不妊についてのイメージでは、これらの精子の問題オンリーでは?と思っている人が多いのも事実。
しかし、現実にはさまざまな理由があるのです。
例えば、行為そのものをしたいという欲求があまり無いという人もいますし、行為をしていても勃起不全で最後までできないという人もいます。
このような人は、段々行為から遠ざかってしまうので、夫婦(カップル)のいさかいも多いとか。
それはそうでしょう、女性側が子供が欲しいと思っているのに、男性には行為そのものの欲求が無いのですから。また、勃起不全で自分に自信が無くなるとやはり行為を避けようとします。
これは、男性の精神面を考えると分からなくもないですよね。
しかし、最近の女性は結婚する年齢も上がって来ているので、早めに子どもをひとりでも産みたいと焦っている人も多いのです。
ケンカしている場合ではないのですが、時間的な問題があると焦りや苛立ちも分かる気がします。
このような男性の不妊に関する問題もしっかり解決してくれるのが亜鉛のサプリメントなのです。

精子の問題

先ほども少し触れましたが、精子の数や運動量の問題を抱えているという人、意外と多いようです。
子どもを望んでいて2年以内に妊娠しない人は不妊の可能性があると言われていましたが、最近ではこの期間を1年を見るという考え方にシフトしてきています。
晩婚化、不妊治療の年齢に関する問題などが絡んでいるからでしょう。
精子の数が少ないという問題についてですが、その原因もいくつかあるのです。
精子の数そのものが少ないというパターン、精子そのものが無いというパターンなどです。
しかし、男性不妊の問題の6割はいまだに、不明とも言われています。
昔との比較で考えると、食生活の変化とストレス、長時間勤務での疲れも関係しているのではないでしょうか。
それらの影響が精子にまで影響する・・・そのような考えができなくもないですよね。
亜鉛の効果に精子の数を増やしたり、精子を活発にさせる効果があるということが言われていますが、やはり性に効果のある栄養素を摂取することが不妊の解消には不可欠でしょう。
亜鉛を含む食品が牡蠣や牛肉のレバーなど普段頻繁に食卓に出るものでは無いということからも、亜鉛の摂取は食品よりもサプリメントの方が効率的なのかもしれません。

 

牡蠣と亜鉛で健康!その理由はこちら

関連情報

牡蠣と亜鉛・・・牡蠣を使った亜鉛サプリが健康にこだわる人に人気です。その理由はここで解決!

疲れを取ることで性欲が・・・!

晩婚化だけで不妊という可能性はどうしても高まるのですが、それだけでなく最近は男女共に長時間労働をしているという夫婦が多いため、どうしても夫婦共有の時間を作れないということや、仕事と家事などの両立で体力的にクタクタ・・・という人が多いのも事実。子どもは欲しいけど、その前に少しでもいいから眠りたいという夫婦も多いのです。
これは不妊という問題ではない!という人もいますが、間接的に不妊と言えるような気がします。
社会的な問題とも言われていますよね。男性が仕事に忙しく、女性も男性と同様にはたらき、家事もこなす・・・実際は家事をこなすというのも女性側が主に行っているということが多いようですから。
あまりにも疲れているために、子どもを作る行為そのものができない。
こうなると、本気で子どもを作ろう!と意気込んだときに遅かったということもあります。
まずは、日々の疲れが溜まらないようにするということも大切でしょう。
疲れにくい身体を作るということも必要なのです。
亜鉛には、このような効果もあるので、男女共に疲れやすさを解消することができます。
体力的に余裕がある場合は、やはり子どもを作るという行為の回数も増えるでしょう。
夫婦ともに亜鉛で疲れやすさを解消するということで、子どもを作るということの事前準備である「疲労回復」が可能なのです。